Face to Face 対面

ヘッダ広告

ジョーダン・ハービンジャー・ショーでプロデューサーのBrian Grazer(ブライアン・グレイザー)との対談がありました。

ジョーダン・ハービンジャー・ショー

ブライアンは新著「対面(Face to Face)」ではネットワーキングの大切さ、これまで話してきた人たちから学んだことを書いています。


Face to Face: The Art of Human Connection
ISBN-10: 1501147722
ISBN-13: 978-1501147722

事務職からプロデューサーへ

ブライアンは事務職でハリウッド、ワーナー・ブラザースに就職しました。一日中やることがなくてで、天井に鉛筆を投げて刺していたそうです。たまに誰かに封筒を届けるなどしたが、その時に嘘をついたりして本人に直接渡せるようにしました。他にも、尊敬する映画関係の人に手紙を書いて、電話で会いたいと言ってみたり。毎日新しい人に会うのを目標に続けました。

こうやって人脈を広げていくわけです。
注意点は

  • 仕事をお願いすることは絶対にないと伝えること
  • 何か価値を持っていくこと

直観は役に立たない

ブライアンは「直観を信じよ」といのはやめた方がいいと言いました。知識や情報を伴わない直観は信用できない。勉強したり、人と会ったりして、経験を積んだ上で直観に頼らないといけない。

まとめ

普段から好奇心を持って過ごしていけば、自然に知識も人脈も増えていきそうですね。

ブログランキング、応援クリックお願いします!!m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ