くるみ割り人形 チャイコフスキーのバレエ

くるみ割り人形

くるみ割り人形

チャイコフスキーのバレエ、くるみ割り人形を観てきました!!
英語では「The Nutcracker」。

娘の同級生の何人かがバレエを習っていて(Festival Ballet Theatre)、そこのプロダクションです。

くるみ割り人形のあらすじ

くるみ割り人形のあらすじは単純です。2幕からなり、第一幕にストーリーが入っていて、第二幕はいろんな踊りが入っています。かなり乱暴にまとめちゃいましたが(笑)。

第一幕はクリスマスイブ、ある家でクリスマスパーティーをします。主人公はそこの娘のクララ(Clara)。弟フリッツ(Fritz)とともにゲストをもてなします。子供たちはお人形や楽器などのプレゼントをもらいます。主人公がくるみ割り人形をもらいますが、弟と取り合いになって壊れちゃいます。直してもらって寝ると、ねずみとおもちゃの戦いになり、くるみ割り人形と主人公でねずみの王様を倒します。

第二幕はねずみの王様を倒したお礼で、いろいろなお菓子の精が踊りを披露します。特にストーリー性はなく、アラカルトです。

くるみ割り人形の音楽

有名な音楽が詰まった作品です。息子も学校が使っている教育用のウェブサイトや、目覚まし時計の音楽などで知っている曲も多く、大興奮でした(笑)。終わった後もマーチなどを口ずさんでいました。

  • 行進曲(March)
  • お茶(Chinese Dance)
  • トレパック(Russian Dance)
  • 葦笛(Dance of the Reed Flutes)
  • 花のワルツ(Waltz of the Flowers)
  • 金平糖の精の踊り(Dance of the Sugar Plum Fairy)

チャイコフスキーがいいとこ取りした「くるみ割り人形組曲(The Nutcracker Suite)」というのもあります。ラジオで流れるのは、ほとんどがこちらの作品からです。

アマゾンで視聴できます!!(・∀・)b

ね、聞いたことがあるでしょう?

会場

Irvine Barclay Theatre

Irvine Barclay Theatre

写真スポットが用意されているほか、いたるところにくるみ割り人形がいました。

等身大のくるみ割り人形!!

等身大のくるみ割り人形!!

階段の途中にも

階段の途中にも

たくさんグッズを売っていました!!

たくさんグッズを売っていました!!

ホールはUCIの大学構内にある、Irvine Barclay Theatreで、パーキングは$10でした。
トイレは1階にしかないので、インターミッションでは女子トイレに行列ができていました。


Irvine Barclay Theatre
4242 Campus Dr
Irvine, CA 92612

まとめ

客演のプロ(New York City Ballet)もキャストに交えたプロダクションで、とても良かったです。子供たちも知っている曲が流れると一緒にハミングしたり、いい経験になったはず。

寝る前に、くるみ割り人形の絵本の読み聞かせをお願いされた。

ブログランキング、応援クリックお願いします!!m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ