2017年度タックスリターン

[タックスリターン] ブログ村キーワード

タックスリターンはH&R BLOCKでやりました

タックスリターンはH&R BLOCKでやりました

やっとタックスリターン(アメリカ版確定申告)をファイルできました!!2017年度の申告期限は2018年4月17日(火)です。後1週間しかないので、まだの人は急ぎましょう!!普段は4月15日ですが、週末のため、火曜日にずれ込んでいます。

前日にH&R Blockに書類を落として、当日は確認で1時間もかからずに終わりました!!追加の書類とかも当日の朝にメールしておいたら処理してくれていました。

結果、連邦所得税は足りなくて、リターンではなく支払うことに!!Σ(゚д゚lll)
でもカリフォルニア州所得税は戻ってくるので、合計の支払いは少しだけですみました。

Tax Withholding

サラリーマンは毎月税金が給与から天引き(Tax Withholding)されていますが、W-4という用紙を出すことによって天引き額を調整できます。(カリフォルニア州の所得税の天引き額はDE-4で調整します。)1年間の天引き額が所得税額よりも多い場合、戻ってきます。

毎年、リターンが多かったので1つずつ増やしていったら、ついに抑えすぎになってしまいました(笑)。

今年度はどうしようか迷いますね。いままでの作戦だと、1つ減らすのですが、税制改革でかなり変わるので予想が立てづらいですね。

ちなみにH&R Blockの人によると、税率が一つ下になるのと、子供手当(Child Tax Credit)が増えるのでプラスになりそうとのこと。

Direct Deposit

払い戻しは何もしなければチェック(小切手)が送られてきます。郵便物を盗む人とかいますので、振込(Direct Deposit)が安全で便利です。

必要な情報は

  • Checking(当座預金)か、Savings(普通預金)か
  • Rounting Number(金融機関番号)
  • Account Number(口座番号)

IRSによると、納税者の8割はDirect Depositを使っているらしいです。3週間以内にリターンがもらえるので納税者もうれしい。処理するのに10分の1の費用で済むので国もうれしいそうです(笑)。

タックスリターンについて
ファイリングステータスについて

ブログランキング、応援クリックお願いします!!m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーリンク