プリウスのキーの電池の交換方法 2006

[プリウス] ブログ村キーワード

プリウスのキーは電池が入っていますが、電圧が10%下がっただけで使えなくなってしまいます。電池が無くなっらリモコンが使えなくなって不便です。スマートキーの場合はドアの開錠をタッチでできなくなったり、ポケットに鍵を入れたままエンジンをかけられないなど、ストレスがたまります!!

※物理キーを使えばドアの開けたり、エンジンをかけたりはできます。

交換方法

分解されたリモコンキー

分解されたリモコンキー

というわけで、バッテリーの交換です。ディーラーでやってもらうと大金がかかるので、自分でやります。

準備するのは換えの電池と、眼鏡用のねじ回し。2006年プリウスの場合、電池はCR2032でプラスのねじ回しが必要です。

このレバー

このレバー

まずは物理キーを抜きます。リモコンの上の部分にレバーがあるので、爪で内側にずらしてキーを引っ張り出します。

少し引っぱりだした状態

少し引っぱりだした状態

次にカバーを外します。さっきと同じようにレバーをずらしながら、裏の面(ボタンがついていない方)を押します。

カバーを押し外す

カバーを押し外す

カバーが取れたところで、使用している電池が書かれています。4隅のねじを取れば、後は電池を交換するだけ。

写真だと見づらいですが、「CR2032」って書いてあります

写真だと見づらいですが、「CR2032」って書いてあります

逆の手順でリモコンを組み立てたら、出来上がり!!


Rukerway精密ドライバー

スマートキーとの違い

銀色だとスマートキー

銀色だとスマートキー

ちなみに、スマートキーと普通のキーの違いの見分け方をディーラーの人に聞きました!!
リモコンのトヨタのエンブレムがクロム(銀色)なのがスマートキー。何もない、ただの黒なのが普通のキー。
スマートキーの方が本体との設定をしないといけないので、数百ドル高いです!!

まとめ

ディーラーに持って行って数十ドル取られるよりも、自分でやった方が安いし、速い!!

ブログランキング、応援クリックお願いします!!m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーリンク